職場メンタルヘルス EAP

職場メンタルヘルス

  • 運営会社
  • サイトマップ
  • TOP

045-948-3459 月曜日~金曜日(午前10:00~午後5:00)



EAPとその必要性

EAPとは

EAPとは

EAPとは、「Employee Assistance Program(従業員援助プログラム)」の頭文字を取って名づけられた、職場におけるメンタルヘルスサービスのことです。企業が自社の人間を用いて設置する場合もありますが、外部のEAP会社に業務委託して設置する方が一般的です。

米国では「フォーチュントップ500」に位置する企業の90%がEAPを導入しており、12,000社を上回るEAP会社が存在すると言われています。
EAPは職場におけるメンタルヘルスの基本「治療よりも予防すること」に注力し、従業員が働きやすい職場環境を作りあげます。


ご相談・お問い合わせはコチラ

EAPの必要性

EAPの必要性

容赦なく変化していく経済環境に適応するために、企業は以下の3つの活動をしていかなければなりません。
下記がその3つです。

  • 効果的な戦略を練ること
  • 体系立った組織を作ること
  • 効率的に人員を動かしていくこと

そしてこの3つの活動の根幹となるのは、ヒューマンリソース(人的資源)なのです。

EAPは、企業経営の根幹を担うヒューマンリソースのマネジメントの1つとして位置づけられています。従業員の精神面をケアしていくことにより、従業員のパフォーマンスの低下、ひいては企業パフォーマンスの低下を未然に防ぎます。


ご相談・お問い合わせはコチラ





Copyright(C)2007 職場メンタルヘルスEAP All rights reserved.【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】